永久欠番



宇宙(そら)の掌の中  人は永久欠番





本日、会社でお世話になった上司の訃報が届く...。

振り返れば、長い長いお付き合い。
いろんな思い出が脳裏を過る。
「会社」という組織の中には、それぞれの立場というものがあるから
みなが同じ感覚で居たとは言えないかもしれないけれど・・・
私にとっては、心許せる素敵な上司だった。

あまりにも早く、そして突然に逝ってしまった・・・。
私は、笑ってる顔しか思い出せないよ~。

たくさんお世話になって、何一つも返せやしなかったけれど....
心から、感謝を込めて
ありがとうございます、と伝えたい....。
私にとっては、Kさんが居てくれたお陰で、どれほど楽しい時を過ごせたことか....。

出合えた奇跡と、共に過ごせた時間に感謝して....。


------K氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。-----

by keikono2 | 2010-08-30 03:27 | 雑記
<< 青い海 光る海 >>