灯篭流し

a0032015_1641431.jpg
故人を偲びて流される灯篭・・・
それぞれの想いを乗せて、極楽浄土まで・・・。




盛岡では毎年8月16日、送り盆の行事として行われる『舟っこ流し』という行事があります。
(その写真は、また後日^^)

その行事のひとつに『灯篭流し』も行われます。
先祖の供養を祈るものや、故人への思いを綴ったもの・・・
その中で、偶然・・・私の瞳に留ったもの
a0032015_4353581.jpg
『有難う 感謝します』


今日は、母の命日・・・。
あの日の今時分、母の手を握りしめ病室に響く命の音をじっと聞いていた。
元気で仕事をしていた頃の母の手は、男の人の手みたいにごつくて硬かった。
それが本当は、こんなにも柔らかく美しい女性らしい手をしていたのだと、しみじみと見つめた。

親ってものは、自分のことなど常に後回しで
家族のため、子供のために身をすり減らしてゆくものなのかもしれぬ・・・。

敵わないねー。
いつまで経っても、追いつけないよ・・・。


『ありがとう 感謝します』

心に響く、すてきな言葉・・・。



ありがとう。

昔も、今も、そしてずっとこれからも、

感謝の気持ちは、絶えることなく・・・。


-----母の命日に寄せて----


a0032015_430981.jpg
盛岡の美しい夜・・・たくさんの愛が流されてゆく・・・。
(8/16撮影)

by keikono2 | 2009-08-17 16:50 | 雑記
<< 舟っこ流し---炎上編--- 夏のメロディ・・・ >>