龍の如く...

a0032015_13401615.jpg
白く輝く勇姿





a0032015_13403833.jpg
大地獄の分岐を少し進むと、大きな滝がある。
多分、名前は付いていない?...岩手山は、起伏に富んでいて美しい...。



a0032015_13405430.jpg
日陰になった山肌には、前日に降った雪が残っているようだ



a0032015_1341812.jpg
ダケカンバの白い幹がアクセント



a0032015_13412119.jpg
七滝ルートの紅葉は、いつも美しい...けど今回は、上から眺めるだけ。



a0032015_1341331.jpgてな訳で、もう少し撮影したいと思った私は、、、
彼女に先に戻っていいと告げ、後から追いかけることに。
それが、大きな誤りだったと気付かずに・・・A゜Å゜;)ゝ

10分ほど遅れて出発したものの、一本道だし
ものの数分で追いつくはず...と、思っていたのだが...
歩けども、歩けども、彼女の姿は見えず
とうとう、ノンストップ(2時間)で網張のリフト乗り場に到着。
そこにも、彼女の姿は無く....いろんな妄想に襲われながら
再び、彼女を探しに登り始める...。

下山してくる人々に声を掛けまくっていたら
数人目で「それらしい人を見た」という方に出会い
その方は、親切にも一緒に探してくれると言って下さり
どんなに心強かったことか。

そうして、数人目で「あっ、たった今追い越して来ましたよ」という方に出会い
大声で叫ぶと、ニコニコと姿を現したのであった。

いやぁー、えがった!えがった!!!!!!

後から話を聞くと、私は1本道と思っていたが
隣山を周回するコースもあり、間違ってそちらを進んでしまった彼女を
あっさり、追い越してしまっていたと判明。
そして、持ってた水が底をつき水場に立ち寄り水を補給していた事も。

いやぁー、驚いたね!!!
障害を持つ彼女だが、生きる知恵を逞しく働かせ
それに従い、自ら行動してたことに。
そして、走るように駆けのぼった私の体力にも^^;

こんなハプニングがあって、
人間の底力みたいなもんを痛感しました・・・。
いや、もうあってはならないハプニングだけど...(大いに反省;;)

そして、一緒に探して下さった方...
あなたが居なかったら、途方に暮れて泣いていたかもしれません...。
人の優しさが、こんなに身に沁みたことはありませんでした。

いつか....何処かで....そのご恩をお返しできる私になりたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

『“Today you….Tomorrow me…."』...というアノ言葉を思い出して・・・。

by keikono2 | 2013-10-25 02:53 |
<< 最後の晩餐?!(笑) 岩手山紀行その2 >>