美しき夕暮れ

a0032015_223259.jpg
美しき風景の中にとけ込む、美しき人の姿...。





a0032015_2235650.jpg





a0032015_225977.jpg昨日は、父の命日であった.....。
のに、コロっと忘れてしまう薄情な娘。

朝、兄嫁に告げられ慌ててお墓参りに行きました^^;;

いつも、心に在るのに...在ったのに、
どうしたことか、すっぽりと抜け落ちていました。
娘は忘れてしまっていたのに、
嫁がちゃんと覚えていてくれる、って有り難いことですなー。


今夜は、山菜料理を頂きながら
山菜採りの好きだった父のこと、
倒れる前日も、一緒に山菜料理を食べていたことなど
しみじみと思い出しました。


「桜」を追いかけながら、いろんな所を走っていると
春になり、農作業に勤しむ人々の姿を見かけます。
ほおかぶりしたばーちゃん、
農協?の帽子を被っているじーちゃん、
こちらでは、大概そんな感じだ~(笑)

それが、なんだかウチの親と被るんだよね...。
身なりなんて、どーでもいいの。
動きやすさと利便性、子どものお古だって徹底活用♪

そうして、毎日毎日おんなじ日々を繰り返し働いて、働いて、
そんな親の楽しみは何だったのだろうか?とふと思うことがあるが
多分、そんなことすら考えていなかったのではないかと...。
与えられた「生」を、ただ生ききった、それだけなのかもしれないね。

それが、今の私には
とても、美しいことのように感じる....。

この老夫婦のように。




a0032015_2253195.jpg
渋民にて(5/17撮影)

by keikono2 | 2013-05-20 00:45 | 風景
<< 上坊牧野の一本桜 散り際の美 >>