Heartwarming story

a0032015_2119421.jpg
愛されたモノには魂が宿る....
そんなこと、考えたことありますか....?





「それは、真実(ほんと)の話です・・・」
と書かれたメルマガが届いて、その真実(ほんと)にめちゃめちゃ興味をそそられた。


今年、読んだ本の中で最も感動したのが
森沢明夫さん著「海を抱いたビー玉」....(..で、青い色のビー玉を撮ってみたりなんかして~^^;)
もう面白くって面白くって...一気に読み進み、誰も居ない部屋で大笑いし、鼻をかむほど涙した。
簡単なストーリーはコチラで読めます(*^-^*)


小説の登場人物やエピソードは事実に基づいた話でもあったのですが....もうひとつの真実(心を持ったボンネットバス)もあるんじゃないか...と。

モノには、それぞれの役割があり...あなたとのご縁があってそこに在る...。
ふつーの人は、モノに語りかけることもしないだろうし、モノから話しかけられることもないだろう。
そんな奇怪なことは、絵本の中のおとぎ話や映画のストーリーの中だけだ・・・。

と、思っていたのに、、、この小説を読んでる内に、「モノ」に対するイメージが大きく変わり
気付けば、乗ってる車に「よしよし...」なんて話しかけている自分が居たりするのである(笑)

愛されたモノには魂が宿る...
そう信じて疑わない人たちの心は、なんだかとっても温かい♡

文中の中で、ボンネットバスがこんなことを言っている・・・。
「ボクは思った。モノとは、自分の生き方を自分で決めることができない物体のことだ。
だったら、モノが幸福になるには、どうすればいいんだろう?ただ偶然を待つだけ?
自分の思うとおりに生きられる人間をうらやましく思った。
やりたいことを自分で見つける自由と、それをやる自由の両方が与えられているなんてーー。」


その言葉にジンとした...。
それは、モノとの関係に留まらず、との間にもある感情だと思う。
少なくとも、これをご覧になっている皆さまには(私にも:)....あるんだよね、その自由が。。。
さて、明日から始まる新しい年をあなたはどう生きていきますか?






皆さんに紹介しよ~と思いつつ、2012年最後の日になってしまいました^^;

いつか、機会があったら読んでみて下さい。お薦めの一冊です。....人生観変わっちゃうかもぉ~?


さて、書きたいことはまだまだいっぱいありますが、、、今年もそろそろ終わりますね。


a0032015_039459.jpg
今年も一年、へんてこブログにお付き合い下さいましてありがとうございましたo(*^▽^*)o

新しい年が、皆さまにとって...れしい・のしい・あわせ~な年でありますように。。。

keikono2拝


※追記.....↓記事に沢山のコメントありがとうございました^^
後ほど、個々にご挨拶に回りたいと思っておりますのでお返事はその時に。。。<(_ _)>

by keikono2 | 2012-12-31 10:48 | モノ
<< 紅白 綿帽子 >>