哲学の木

a0032015_9511815.jpg
広大な麦畑の中に立つ、その1本のポプラは『哲学の木』と呼ばれている...。





a0032015_9524310.jpg
畑も広いが、その木もかなり大きい...。
目の前に立つと、圧倒される。(畑、左上にある黒い点は、作業中の人^^;)


その名の由来は、斜めに立つ姿が首をかしげる哲学者のようだ、とか・・・

見る場所によって、その姿を変えるから、とか・・・様々な説がある。

誰が、そう名付けたのか解らないけれど...名前をもらってたくさんの人が立ち寄り

「う~む....」と、みな何かを感じとってゆくのであろう^^



a0032015_9531268.jpg
見る角度を変えると....全く、違う木のようでもある....。


美瑛は丘の街。緩やかではあるけれど、登ったり下ったりの道が続く。
そんな中で、自転車で観光している方々らに遭遇するので驚いていたら...
なぁーんと、電動サイクルではないか?!「全然、ラクチンですよー!」と笑う中年ご夫婦。

そうか...そうだったのか!!
......と、全く関係の無い発見に唸ってしまうkeikono2であった(笑)

by keikono2 | 2012-07-28 10:37 |
<< 再会のポプラ 森の時計 >>