西日射すホームにて...

a0032015_20434098.jpg
旅の終わりは、たくさんの思い出を抱えて・・・
さぁ、おうちへ帰ろう。




a0032015_20465822.jpg
ひとり車窓(新幹線)から流れゆく景色を見ていた...。

夕暮れ迫る田園風景は、どことなく郷愁めいたものを感じて胸がきゅん!となる...。








a0032015_20471434.jpg昔、勤めていた会社の上司の訃報が届く....。

単に、会社の上司というだけでなく...その方は、私の人生の師でもある。

(実は、眼デジを買って写真を撮るようになったのも、彼の一言があったればこそ。)

本当に、いろいろなことを教えてくださり たくさんの思い出も与えて頂いた...。

無茶苦茶な事をしたり、言ったりもしたが、

信頼できる、愛すべき大人の人であった...。

そんな風に思える人に、人生の中で何度巡り合うことができるのだろう?

少なくとも、彼に出会えた私は幸せだったと言えるだろう。


「おめはんのブログは、いつもチェックしてるよ・・・」と話してくれたEさん

これを見て、苦笑いをしているかもなー。

もう会えないと思うと、寂しいことに変わりはないが・・・

友と語る思い出話しは、何故か笑ってしまうことばかりだ。





a0032015_20473072.jpg
肉体を離れた魂は、あの空の向こうへ還ってゆくのかな....。


肉体の死と存在の死。
「存在」が語り継がれる間は、その人は死なない。
「その人の存在」は 笑顔など「与えたもの」に残る。


彼が私たちに遺した『遺産』は、とても大きなものだった。

その『遺産』を引き継ぎ、思い出はいつまでも心の中で生き続けるだろう。


出会えたこと、本当に嬉しかった。楽しかった。幸せでした。


ありがとうございます。

心から感謝を込めて・・・
 
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 合掌

by keikono2 | 2011-07-21 23:07 | 雑記
<< 水玉レース 緑のカーテン >>